HOME > ファミリーサポートセンター保障保険

ファミリーサポートセンター保障保険および研修・会合・傷害保険制度について

  • 相互援助活動が安心して行えるように、入会すると自動的ファミリーサポートセンター保障保険に加入となります。保険料はセンターが負担します

サービス提供会員傷害保険

サポート会員がファミリーサポートセンター斡旋による保育サービス提供中や自宅と保育を受ける子ども宅や保育施設等の往復途上(通常経路)において、急激かつ偶然な外来の事故により傷害を被った場合に保証するものです。

賠償責任保険

サポート会員が保育サービス提供中、監督ミスや飲食物などが原因で第三者(依頼会員の子どもを含む他人、サービス提供会員の同居の親族を除く)の身体または財物に損害を与えたことにより、法律上の賠償責が生じた場合に、センターもしくはまかせて会員が負担する賠償金などを保障するものです。

依頼子供傷害保険

利用会員の子どもが保育サービスを受けている間に、急激かつ偶然な外来の事故により傷害を被った場合に、まかせて会員の過失の有無にかかわらず補償するものです。

研修・会合傷害保険

ファミリーサポートセンターが主催する各種事業(講習・研修・交流会・事前打ち合わせ・サブリーダー活動・自治体主催事業の一時預かり等)の開催中、または会場往復途上で出席者(講師、児童を含む)が傷害を被った時に補償するものです。

お見舞金制度

見舞金制度とは、利用会員の子供が、サポート会員宅の財物を破損したり、サポート会員の子供にケガをさせた場合にサポート会員に対して5,000円を限度にお見舞金をお支払いする制度です。